私たちの想い

水耕栽培で実現する完全無農薬化で「安全・安心・信頼」をカタチに。

株式会社いちご研究室では本社研究施設内において、
水耕栽培による完全無農薬の苺、各種野菜の生産および、研究を日々おこなっています。
目指したのはすべての人にとっての「安全・安心・信頼」です。

水耕栽培への思い

私たちはいちご研究室の本社にある研究施設内において、安全と安心、信頼にこだわった完全無農薬の苺や野菜の栽培、および、研究を日々おこなっています。苺や各種野菜はいずれも生き物なので、栄養や温度、湿度、光、二酸化炭素の量などによって生育上の影響を受けます。露地栽培との大きな違いはすべてが人工的な要素によって栽培されているため、自然環境からの影響が殆どなく、よい結果も悪い結果もすべて私たちの研究と実践の結果であることです。

そのため、私たちの研究開発は実践とその結果を次の改善と工夫に役立てるといったことの繰り返しです。ビジネスの世界で業務改善に用いられる「PDCAサイクル」は、そのまま水耕栽培にも当てはめることができます。この繰り返しにより栽培技術が向上し、安全と安心、信頼を確保すると共に栽培の効率化や安定供給、高機能化などを実現しています。 これからも現場スタッフはこうした繊細な生き物たちと向き合い、より高いレベルでニーズにお応えできる苺や野菜の栽培をすすめていきます。それがお客さまへの信頼となり、ひいては社会に貢献できることが、私たちの願いです。